FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
♥ GHでの出来事 の記事一覧


"TOP"  古い記事一覧へ→≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2007'07.31 (Tue)

奮起

随分随分記事も書けないままでした。
その間に職場の顔ぶれが少し変わりました。
退職者や入職者。私もGHに勤務して1年に成りました。

思い起こせば色々な事がありました。
ホームの皆様の状態はと云えば ADLの低下、認知症の進行
入職当時とは随分と様変わりしてしまいました。

「こんちには赤ちゃん♪」とご挨拶されていた○○さん
2ヶ月程前に、どんどん興奮状態・不穏を繰り返し
再び転倒されて以来 様子がおかしく、
転倒3日目ぐらいから、あれほど大好きだった食事が喉を通らなくなり
どんどんと生きる気力を失くし、
点滴で水分を補給する事にも限界がきて、とうとう 『胃ろう』 となってしまいました。

何故そうなってしまったのか!?
私的には 職員の介護力不足にも原因があるのではないかと思うのです。
共同生活を営みながら認知症の緩和、進行防止を促すことを目的とした
高齢者の方々の共同住宅
 とは程遠い我がユニットに、少々の憤りを感じるこの頃。

この度 新管理者を向かえ、その介護体制を一掃しようと 今 奮起し始めたばかりです。


スポンサーサイト
17:46  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2007'02.12 (Mon)

木曽節

別ユニットの○○さんは とってもお洒落。
お気に入りのアロハを来て ハンチング帽をかぶり
いつも大きな声で
「木曽のナー 中乗りさん♪ 木曽の御岳さんはナンジャラホーイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイ♪ ヨイヨイヨイノ ヨイヨイヨイ♪」
そう歌いながら踊って居られた。

病院が大嫌いで 受診の際には 待合室で
「ここの先生はなぁ~~人を殺してしまうつもりなんや」
な~んて 怒鳴るもんで 付き添いのスタッフはいつもハラハラしていた。

そんな病院嫌いの○○さんが 突然に呼吸困難を訴え、直ぐに入院となってしまった。
病名は 心不全。。。

ところが最初に運ばれた病院は この病院嫌いの患者さんに戸惑い
結局 受け入れ拒否となり、別の病院へと搬送される事と成った。

【続きを読む】

20:10  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2007'01.20 (Sat)

パワフルな娘さん

A子さんと B子さんが
いつものように リビングのソファーに座って寛いでおられた。

そこへ A子さんの娘さんが 面会に来られた。
一年ぶりにお会いする母娘♪
面会に来られたら 大体の方は お部屋でお話されるのだが
娘さんは 「ここで結構♪」 とB子さんの隣に座られた。
従って、配置としては、A子さん、B子さん、娘さん・・・と成った。

さてこの娘さん、大阪のおばちゃんを絵に描いたような方で
とってもパワフル 且 大声でお話なさる為
フロアーの端っこにいても 内容が丸聞こえであった。

「お母ちゃん、元気にしてたか?」 から 始まって、
家を売った事、今は車の免許を取って、介護のお仕事をしている事。等など

最近 少々認知症の進行が見られるA子さん、
娘さんのお話を そうかそうかと聞いておられるのだが・・・

【続きを読む】

13:13  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT   このページの上へ

2007'01.16 (Tue)

おじぃちゃんの涙

心療内科で 統合失調症(精神分裂病) のお薬を頂いている○○さん
MRI検査により、アルツハイマーと診断され、
脳の萎縮がかなり進行している事が分かった。
加えて 持病の糖尿病で視力が悪く、お茶碗の在り処が分からない程の視野しか無い為
○○さんのイライラは更に募るばかり。

あれから2ヶ月が過ぎ、体がお薬に慣れて来たのか・・・
またまた以前のように、興奮してスタッフや他者に暴力を振るわれる様に成った為、
リスパダール半錠 一日3回服用に成った○○さん。

夜間は 殆ど寝たっきり。 体が硬直して介助無しでは立つ事も出来ない。
そんな状態であっても、身体に触れると暴れだす為、常に転倒の危険が伴う。
夜間はリハパンの交換さえ儘成らず、
殆どの日は 衣類からお布団までビッショリ濡れたままで眠る事となる。
それが朝になると 薬が切れるのか?
人が変ったように介助も受け入れ、サクサクと歩ける事が多い。
そして又 日中は 不穏状態が続くのだった。

さて、どういう訳か、私の事を 身内だと思っておられる○○さん・・・

【続きを読む】

00:22  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2007'01.06 (Sat)

寂しいお正月

ホームに勤務して 始めての年末年始です。

入居者さん達もお正月ぐらいは 御自宅に帰るんやろなぁ
と思っていたのですが・・・・
誰一人 御家族と年越しを為さる方は居られません。

いつものように いつもの顔ぶれで
年末年始を過ごされた入居者の皆様・・・
なんだか とても悲しいです。。。

「今日は元旦! おせちに お雑煮やでぇ」
「そうかぁ~お正月かぁ」

せめて いつもと違って 御家族の面会で賑やかに過ごせたら・・・
と思ってみても
三が日の間に面会に来られた御家族は 数人だけだった。。。

お正月料理を食べ終わると直ぐに
「ごはん頂戴よぉ お腹減ったわぁ」 と 訴えが始まる。
もちろん お正月である事なんか 覚えておられない・・・

そりゃ 無理ないよなぁ
だって いつもと同じやもん。
正月であって 正月でないもんなぁ・・・
覚えてなくて当然やわぁ。

18:15  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'12.18 (Mon)

移動

インフルエンザ や ノロウィルス感染予防の為
徹底した手洗い!うがい!  消毒!殺菌!
少し ピリピリモードのホームです。

12月は 行事が多く 何となく気忙しい。 (忙しいのはスタッフだけですが(*^^)v)
それに加え、この秋に出来た 新施設が起動に乗り始め
来年更に開設予定の 数箇所の施設人事等もあり。
大幅に人事異動される事と成った。

うちのユニットでも 数名は他施設や別ユニットに移動となり。加えて退職者もある。
人員不足の為、求人広告が出され、新職員さんが数名入る事と成った。

スタッフも 入居者さん達も それぞれに個性があり
どうしても 「好き嫌い」 「合う合わない」 がある。
Aさんがいる時は 必ず不穏になってしまう○○さん だが
Bさんがいる時は 穏やかに過ごせる。
っといった具合に スタッフの顔ぶれで 入居者さん達の様子も変る。


いつもの顔ぶれ いつもの場所 いつもの声
「いつも」 が変ると パニックになってしまう方々もいらっしゃる。

新体制となった環境が
入居者さんの “不穏” を誘発したりしませんよーに・・・
と願う私です。。。



12:34  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'12.02 (Sat)

バザー

地元商工会主催のバザーが開催されました。
たくさん福引券を頂き、是非! 一等賞のテレビをゲットして貰おう!
と 入居者さん全員に参加して頂く事に致しました♪

とは云え 一度に全員をお連れする訳にはいかず
数日に分かれれてチャレンジする事と成りました。
私が同行する班は 独歩で比較的しっかりされてる方3名。
車椅子の方2名。介助にて歩行できる方1名。
合計6名に スタッフ3名。

寒い寒い中 バザー会場へと参ります。
地元の方々で賑わう会場♪ たくさんのバザー店や 露天が並ぶなか
一目散に 抽選会場へ♪
「一等プラズマテレビ当選 ○○さん。 ○○さん。 ○○さん」
えぇ~~もう全部当たってるやん。。。
二等は地元商店街限定の500円商品券。 なんでそんなに差があるんや!?
ま! 良いか(*^-゚)v♪

6名の入居者さん 福引をガラガラ回して楽しそう♪
回しだすと止まらなくて ぐるぐる回し続ける○○さん(*^^)v
「えぇ~? こんなん要らんわ」 とハズレの白玉を返品なさる××さん。

なんだかんだで あっという間に抽選は終わり
ハズレ商品の ポリ袋が山と成りました(ノω・、)

折角来たのだからと 一応ぶらぶらしてみる事になり
総勢9名で 見るだけショッピング♪

足腰がお元気な女性二人は
色々なお店を冷やかしてまわり楽しそう。(*^_^*)

「もう帰ろうよ! 寒いわ」 お出かけ嫌いの□□さん。
「ここは何なの!?」 現状が把握出来ない△△さん。
スタッフは結構大変なのであります(;^_^A

ブラブラしていると・・・

【続きを読む】

14:30  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'11.16 (Thu)

急変

95歳の○○さん
最近では 汚れた下着を御自分で持って来て下さるように成った。

「これ お願いします」 そう笑顔で言われた時は
とっても嬉しかった(*^_^*)

その○○さんが 朝から入浴されていた。
入浴後 腹痛を訴えられ 「お昼御飯は 要らないわ」 と仰る。

風邪引いたのかなぁ?

しばらくしても 腹痛は止まらない。
加えて 吐気を訴えられる。
ベッドに横に成られたままに数時間が経過した。

腹痛は ジンワリといった感じで 熱は無く
差し込むとか下痢をするという感じではない。
嘔吐も見られないが 病院に行く事にした。


診察の結果、腸が全く動いていない事が分かった。
腸内に腫瘍があり
その所為で 腸管が詰まり動かない状態なのだとか・・・

この腫瘍が 良性であるか悪性であるか これから検査されるが
どうやら人口肛門をつけないと成らないらしい・・・

この先の事は御家族の決定次第という事になるのだが・・・
○○さん! 頑張って!

08:05  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2006'11.10 (Fri)

病気

入居者の方々は 全員 『認知症』 という病気である。

認知症とは、
脳の活動部分が異常に減少・死滅してしまい、回復・治癒は無いという病気。
2大要素として アルツハイマー病と脳血管障害がある。


それぞれその症状や進行も異なるが
良い時も有れば 悪い時も有る。
一日の間にでも その状態はコロコロ変る。

中程度~高度
少しづつ進行している・・と言った感じである。

軽度 記憶障害 昔のことは覚えていても
現在のことは忘れてしまう。
見当識障害 「今がいつなのか」
「ココはどこなのか」
「自分は誰なのか」
がわからなくなる。
中程度 思考・判断力障害 思考力や判断力の低下。
計算ができない。
料理ができない。
道具が使えない。等
高度 言語障害・
失行・感覚障害
体は動かせるのに
今まで出来ていた行為が出来なく成る。
味覚、嗅覚、痛覚等の
知覚にも障害が現れる。


「何で 今の状態に成ったんやろう?」
素朴な疑問ではあるが そう思う事 度々。

一人一人
入居する事に成ったまでの記録を読んでみる事にした・・・・


生活環境も 発症の状況も様々だが 
・一人暮らし
・肉親との離別
・環境の変化
等のきっかけで、家族が気がつくと・・・ というのが多いように思う。

私は医者でも専門家でもないので その詳細は分からないけれど
孤独・喪失感・不安・・・そういった精神面でのストレスが重なり
進行していったのかもしれない。

子供も大人も 生きがいを無くし 自分の存在感が薄れてくると
何かしらの病気にかかるんやなぁ~ と実感する。
はやり、人間は 一人では生きられない。
明日は我が身!だと しみじみ思う。

今さっきの出来事を忘れてしまわれる為
「今」 しか覚えていない入居者さん達が
「今」 笑って過ごせるように 手助けするのが
私のお仕事なのだ。

今更ながら そう思う私。。。



フリー百科事典ウィキペディアより
アルツハイマー型認知症
症状は、徐々に進行する認知障害 (記憶障害、見当識障害、学習の障害、注意の障害、
空間認知機能、問題解決能力の障害など)であり、社会的に適応できなくなる。
重度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり
最終的には寝たきりになる。
症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。
暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆる周辺症状)が見られることもあり
介護の上で大きな困難を伴う。
脳血管性認知症
脳梗塞や脳出血などによって
脳の神経細胞に酸素や栄養が行き届かなくなり、障害が起こる。
梗塞や出血の程度が大きければ一度の発作で痴呆が生じるが
自覚症状がないような小さな発作を繰り返すうちに
神経細胞が広範囲で傷つけられ、やがて痴呆がおこる。
脳梗塞、脳出血の原因となる脳動脈硬化をまず防ぐことが肝心。
そのほか高血圧、高脂血症、糖尿病などいわゆる生活習慣病も危険因子に数えられる。
 



アルツハイマー型認知症の進行
初期症状
物忘れがひどくなり。 体験した事が覚えられず、食べた食事を催促する。
約束を忘れる。 同じものを何回も買ってくる。
何度も同じ事を言ったり、聞いたりする。
中期症状
言動が混乱し  時間や場所の認識が無くなる。
自分がどこにいるか分からなくなり徘徊する。 数の計算ができなくなる。
言葉の意味が分からなくる。
「物を盗まれた」「いじめられてる」 などの妄想や幻覚症状。
末期症状
会話や日常生活が送れなくなる。 家族の名前も分からなくなり、恍惚状態になったりする。
失禁もあり、会話も成り立たず、意思の疎通がはかれなくなる。
体力も落ちて 寝たきりになる場合もある。
人格の崩壊が始まり、無表情でコミュニケーションを取ることも困難になる。



23:44  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'11.02 (Thu)

幻視・幻聴・幻触がひどく、
独語・徘徊・暴力を繰り返しておられた ○○さん
「アリセプト」 を飲み始めて暴力が増えた為、数日で服用中止となりました。

その後、心療内科での受診を勧められ
そちらで処方されたのが リスパダール

休み明け日勤 出勤すると目に入ったのは 見慣れぬ光景!


○○さんのお部屋、
別人の様に ぼーっとされてる○○さん。
スタッフが更衣介助の最中であった。

リハパンを着用され 自力で立つことも更衣する事も出来なくなった○○さん。
歩く事も出来ず 座る事さえ出来ない。
ベッドでの就寝は転落の危険があると
お部屋の床に、薄いシーツをひいてお休みに成られているようで
そのお布団代わりのシーツは、失禁でびしょ濡れだった。

たった一錠の小さなお薬で これほど変ってしまうのかと驚いた。


あまりの変化に
リスパダールは 昼・寝る前のみ 半錠だけの服用に調整された。

それでも お薬が効いている間は
歩行不安定。立位を保持する事さえもままならず、
椅子に座っていても身体は左に傾く。

夜間は立つ事が出来ず、
トイレに行けない為、リハパン内に失禁されるのだが
身体に触られると立腹され 更衣すら出来ない。

暴力が減った代わりに、身体が不自由になってしまった○○さん
幻視・幻聴・幻触・独語は治まらず
いつも違う世界におられるのは以前と同じ。



再度 心療内科を受診され 脳CTを勧められた。
早速 いつもの病院へと CT検査を受けに行かれたのだが・・・
幻視、独語が強く、こちらの声は一切耳に入らない。
身体に触れると 大声を出し暴れだす。

ホームのスタッフ・御家族・検査技師さん・ナースにドクター
1時間格闘しても、検査台に座る事すらできず
この日は検査断念。

とうとう 精神科受診を言い渡されてしまった。
○○さんは この先 どうなっていくのだろうか・・・
17:46  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2006'11.01 (Wed)

あいさつ

○○さんは 殆ど挨拶を為さらない。
その為、他の入居者さん達に
「あんた 挨拶ぐらい しーよ!」
「あの人 私が 『おはよう』 って言うても知らん顔してるんやで!」
等と お怒りを受ける事が多い。

○○さんにしてみれば
別に他者を無視している訳ではなく
御自分の事で精一杯な為、挨拶にまで気が回らないだけなのである。

そこで 試しに聞いてみた・・・

【続きを読む】

15:31  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.27 (Fri)

痛い!

一人で歩く事も 食べる事もまま成らない ○子さん。
少し前から “昔住んでいた場所に行きたい” と希望されるように成った。
“その町へ行くと 知ってる人に出会うかもしれない だから行ってみたい♪”

念願叶って
「明日 天気が良ければ 車で行ってみましょうね」
スタッフと約束され 笑顔満開の○子さん♪


今夜は夜勤☆彡

夜間は 『オムツ替えてぇ~!』 と訴え続ける○子さんだが
今宵は 訴えもなく静かに眠っておられた・・・

【続きを読む】

18:57  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.24 (Tue)

入れ歯

「あたしの入れ歯知らんかぁ?」
○子さんがそう言いながらウロウロしてる。

どうやら「入れ歯」が無くなったようだ
とはいえ つい数十分前の食事の際には有ったはず・・・

え~~? 食べてしもたん? んな訳はない(;^_^A
スタッフ全員で 大捜索が始まった。・・・・・


【続きを読む】

12:07  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.23 (Mon)

深夜の出来事

新しい入居さん が入られて一ヶ月が過ぎた。

最近は随分とホームにも慣れて
トイレでの手洗いも少しはできるように成ったものの
今でも 排便で汚れた手を綺麗にしようと 舐めたりなさるので
まだまだ トイレ時の見守りは続いている・・・・


ホームに来られた当初は お風呂に入るのを強く拒否され
「どこへ連れて行くんやぁ~!」 「風呂なんか要らん!怖い!」
「殺される~~!」
大声をあげ 泣きべそをかいて抵抗されていた。

超~セッカチな○○さん。 ゆっくりお風呂に入るのはお好きでないようだ。
重ねて 以前居た施設さんでの入浴に 強い恐怖感を持たれている様子。

「ここは 一人づつお風呂に入るんですよ♪
 チャッチャと綺麗にしますから 安心して下さいね♪」
再三 そう説明し 手早く 笑顔で入浴介助(*^_^*)

数回目には
「ここは エエなぁ~~♪ 怖い事無いなぁ~」
とまで仰って下さるように成った。


一ヶ月間で 2kg近く 体重も増え 何とか30kg台に
骨と皮だけだった身体にも 少しだけ赤みがさすように成った♪

それでも まだまだ 日中ベッドでウトウトされる事が多く
夜間は不眠を訴えられる。

「いっこも寝られへんわぁ 何でやろう?」
「○○さん お昼寝てるから 夜寝られへんのやと思うよぉ」
「そうやなぁ 自分では昼間も起きてるつもりやけど
 どっかで寝てるから 夜、寝られへんのやろなぁ」
「明日のお昼は 歌でも歌って 起きとこうよね」
「そうやなぁ~ そうするわ」

そう言って 一旦お部屋に帰られるものの 暫くすると又出てこられ
何度となく この会話を繰り返す。

深夜0時、○○さんが手押し車を押しながら出てこられ
一目散にリビングへ行かれる
「ん? 何しはるんやろ?」 しばらく様子を観察すると
何やらゴソゴソされている。
スタスタと戻って来られ 私に気付く。 いつもの会話が始まった。

「ところで○○さん、手に何持ってはるん?」
「え? 何や? 何か持ってるか?」
○○さんの手のひらには お茶のパックが二袋♪
ちなみに ○○さんは お茶が大キライなのである(*^^)v

「あらら?? 私 何でこんなもん持ってるんやろう?」
「ハハハ 何でやろなぁ~~? こんなん食べられへんから預かっとくわねぇ」
「おっかしいなぁ~~ 何でやろ?」
不思議そうにお部屋に帰られる○○さん。

それから30分程すると お部屋から寝息が聞こえ始めた。

ゆっくりオヤスミ ○○さん☆彡
17:59  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.20 (Fri)

外出

入居者の皆さんは 外出願望が強い
「家に帰る」 「仕事場に行く」 「買い物に行く」 「お参りに行く」 etc・・・
毎日そう願っておられるのだが 一人では歩けない方も多く
スタッフの人数からして その願望は殆ど叶えられていない。。。
それでも 時々は順番にお散歩に行く。

先日は別ユニットの○○さんが 近くの神社にお参りに行かれた・・・

【続きを読む】

20:15  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.19 (Thu)

会議

ホームでは 2週間毎に会議がある

この会議では 入居者さん達の介護方法や
各部門での効率良い役割分担等々 色々と話し合われる。

従って 夜勤明けであろうと 公休であろうと
日勤帯終了時間には全員集合しなくては成らない。
会議は大体2時間続く。


毎回 熱いディスカッションが行われ
利用者さん各人についての現状を話し合い
そこから細かな介護計画が練られる事になる。

これだけ 皆が真剣に取り組んでいるというのに
我がユニットは 一向にグループホームらしく成らない、、、、

使用者さん達の 大声での独語や訴え
スタッフ達の 叫びに近い応対。
いつか 静かな時間が流れるように成るのだろうか・・・・

ほんとに悲しい限りです。。。


別ユニットから移動に成った○○さんがつぶやいた
「あぁ~~しんど。。。ここのユニット、一日でグッタリやわ
 明日 日勤できるかなぁ~~。。。」



21:23  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.17 (Tue)

カレーの匂い

ホームではスタッフが料理を作る。
本当は入居者さん達と一緒に・・っていうのが理想なのだが
残念ながら 一緒に何かできそうな方は居られない。。。

今日はカレー♪
ユニット中に カレーの香りが立ち込めていた。

いつものように お腹が減ったと訴えられる皆様♪

「お腹減ったねぇ~ 今 作ってるよ♪ なんの匂いかなぁ~?」
「? なに? 分からんわぁ」
「カレーやで~♪ 良い匂いやなぁ~。分かれへん?」
「・・・分からんわ」

ユニット9人中 100%の方が カレーの匂いが分からない様だ。

そーなんや~。
私やったら 隣の家で作ってるカレーの匂いでも分かるんやけどなぁ・・・
嗅覚も低下するんやなぁ。。。

そりゃー 失禁で汚れた服から尿臭が漂ってても
分かれへんはずやわ~~ 納得 Σ~(^∇^;)

けど 匂いが分からんって事は
味もイマイチ分からんって事やろなぁ?
風邪引いて 鼻詰まったら なに食べても美味しくないもんなぁー。

ホームの味付けは 極端に薄い
生モノは出た事が無いし、生野菜ですらNG! 湯通しして温野菜として出される
お味噌汁は・・限りなく透明に近い。。。
煮込み料理も 素材に味がしみるほど煮込むのはNGである。

ただですら 余り美味しくないのに 香りすら楽しめないとなると
生命維持だけに食べる食事なんて
食べるの大好きな私としては 何かさみしいなぁ・・・

残るは視覚!
せめて盛り付けだけは 綺麗にしよ~~っと♪
と思う私です。
19:26  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.14 (Sat)

面会

いつも息子さんのお話を為さる○子さん。
毎日毎日 「×男 けーへんなぁ」 って 寂しそう。

私が勤務してから ×男さんにお会いした事は一度もない。
今日は その×男さんが 支払いの為にホームにいらした。
受付で清算されている×男さんにスタッフが声をかける

「少し お会いして行きませんか?」
×男さんは ほんの少し躊躇されたが ホームへと入って来られた・・・・

【続きを読む】

10:25  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.08 (Sun)

共通点

ホームでの勤務も3ヶ月目に突入し
少しづつ慣れて来た私です。

ずっと観察を続けていて思ったことは
認知度が色々で、性格も生い立ちも様々な入居者さん達ではあるが
共通点が幾つかあるって事♪

それは・・・・



【続きを読む】

00:09  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2006'10.05 (Thu)

告白?

なんだかバタバタの日々を過ごしている私です。
日勤が3日続くとヘロヘロで
笑顔が引きつってくるような感じ!?です。

心身ともに 良い介護ができるのは 8時間が限界だと
何かの本で読みましたが 頷ける今日この頃・・・



うちの施設では 休憩がありません、
実質9時間、みっちりお仕事しておりますので 家に帰ると ホッとします。
でもでも最近では家にいても
入居者さんが叫ぶ声が聞こえたり致します。 げげ?幻聴?Σ(^∇^;)

そんなこんなで 結構楽しくお仕事している私に
○○さんが寄って来て こうつぶやく
「私 今年いっぱいで辞めるねん」
「え~~マジですか!?」
「まだ誰にも言うてないから内緒やで。ちょっと限界やねん、疲れたわ」

○○さんの決意は固い。
あらら・・・どぉしましょう!

もちろん誰にも言わずに数日経過

××さんが 耳元でこっそり言う
「あんな~あたし12月で辞めようと思うねん」
「え!!!??? 転職ですか?」
「まぁ~ね! まだ言うて無いから内緒やで!」

あれれれれ・・・
って 事は 年末に同時に2人辞めちゃう予定って事!?
それは大変! 
でも 誰にも言わない 言えない私です。

もし 本当に 2人とも辞めちゃったら
ユニットは大混乱!大忙し! やなぁ~~・・・



10:23  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.26 (Tue)

特別な日

今日は○子さんのお誕生日♪
朝からケーキや誕生会メニュー作りに大忙し。

困ったさん順位1,2を争う○子さんは、自力で立つ事が出来ない。
以前はナースコール押し捲りで、看護士泣かせだったとか・・・
長期間アリセプトを服用していた所為か?否か?
口腔内不随意運動があり、嚥下困難。 にもかかわらず
ガンガンお口に食べ物を詰め込む為、食事の際には要注意である。


その○子さん 最近では不安症とでもいうか?
とにかくおトイレに行く時間を頻りに気になさる。(行っても出ないのだが) 

一日中 「トイレトイレ」 「次は何時?」 「誰かおるか?」 「何してるん?」 etc・・・
誰かがトイレに行くと 「何処行くん!?」 「私 入られへんやん!!」 と大声で叫ばれる。
とにかく一日中訴えが続く○子さんの声で テレビも話し声も聞こえない。。。
他の入居者さんからは
「うるさいなぁ! あんたに関係ないわ!」 と叱られる事 度々。

しかし 今日は違った・・・・・

【続きを読む】

11:35  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.23 (Sat)

ウンの良い日?

夜勤明けでございます。
今朝はバタバタでございました。

始まりは ○○さん。
とても古風な女性で パンツ等は好きではありません。
いつも“オコシ”を付けておられます。
従って、“オコシ”の下は もちろんノーガード
何度下着を付けて貰っても いつの間にやら脱いでしまわれる。

そんな○○さん・・・・

【続きを読む】

11:30  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.20 (Wed)

行進曲

アリセプト服用中の○○さん
とうとう怪我をしてしまいました。

どうやら他の利用者さんと喧嘩になり
仲裁に入った夜勤スタッフに激怒されて
木で出来た本立てを投げつけようと振り回し
格闘の末に 腕の皮を剥離してしまわれたようです。


幸い 他の入居者さんに怪我はなかったものの・・・・・

【続きを読む】

10:02  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.17 (Sun)

優しい目

♪ここはお国を何百里 離れて遠き満州の
 赤い夕日に照らされて 友は野末の石の下♪

そう歌う○○さんは 遠くを見つめておられたが
とても穏やかなお顔をされていた。

ホームに入られて一年強の○○さん。
ここ最近 幻視・幻聴・幻触から、独語・暴言・暴力が増えて来た。

前回の診察から 「アリセプト」 が処方され
私たちは その作用により どう変化するのかを見守っている。


投与を始めて一週間・・・

【続きを読む】

21:46  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.12 (Tue)

車庫入れ

92歳の○○さんは、以前 転倒された事があり、
それ以来、歩行器を使用して頂く事にしているのだが
お昼間は殆ど使用されない事が多く、常に声かけし、使用を促している。

夜間は頻回にトイレに行かれる為、その際歩行器を忘れないようにと 
物音が成ると 居室のドア影からそ~っと見守る・・・

【続きを読む】

16:51  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.11 (Mon)

新入居者さん♪

新しい入居者さんが入られました。

ホームに入られた当初は、
「家に帰る」 と訴えられ、大暴れ為さったりもする方も多いようですが
○○さんの場合 そのような事はありません。

認知症は中等度で、
GHに引越して来たって事は 何とか分かっておられるようです。
コミュニケーションも取れますし 手押車で歩行も出来ます。



【続きを読む】

23:55  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.09 (Sat)

女の性!?

勤務先では 一番新米の私。
仕事のひとつひとつを 先輩達から教えて頂く訳だが・・・

『え? それって 誰に教えて貰うたん?
 これはね~ こっちが先で こっちが後・・・etc
 もう~~誰やのん! ちゃんと教えたらなアカンやんなぁ・・ブツブツ』

な~んて お掃除の仕方ひとつとっても こんな感じで
新米としては いったい どの手順を守れば良いのやら!?(; ̄ー ̄川


「これって どーすれば良いですか?」
「うぅ~~ん。 それ マニュアル聞きたい!? それとも裏マニュアル?」
「え? 裏??・・・」
「正直ここでは、一緒にやるスタッフに合わせて行くのが一番やねん。
 んで スタッフの中で誰が一番強いかを早く見極めるのがコツ!」
「あっ・・・そーなんですかぁ・・・・」

ナンか こわ~~~ぁ(ノω・、)
最近 ようやく その意味が分かりつつある私。。。


スタッフの年齢も 20代から 60代まで まちまちで
独身・既婚・バツイチさん・・・色々おられる
したがって 自ずと 仲良しさんグループのようなモノが出来上がるのが女社会。。

『もう~~ほんま ○○さんて ど~のこ~のなんやから嫌やわぁ』
『そーやろう~ あの人とホンマ仕事しにくいわぁ』
『kananiさん ここだけの話やで~~!! 聞いてない事にしといてやぁ』

もちろんです!! そんなイザコザに 巻き込まれては大変です!
っと 心の中でつぶやく私。

『もうーほんま 最近の若い子は ブツブツブツ・・・』
『おばさんグループって メッチャウザいわぁ~~・・・』

年代層毎に お小言多発!
それは 姑vs嫁 の争いに近いものがある。


あぁ~~~いやや いやや!!
女性って なんでこーも 暇なんやろか!
これも ストレス発散の一種なんやろかぁ~~。。。( ̄ー ̄;) 


17:08  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.07 (Thu)

孤独

とてもエリートさんだった○○さんは 95才。
下着が汚物で汚れていても
人に知られるのが嫌やで、あちこちに隠してしまわれる。
最近では、汚れている事に気付かなくなってしまったもので
そのお洋服からは、いつも尿臭が漂っている・・・
それでも頑なにお着替えを拒否為さる。

少し耳が遠くなってはいるが
新聞を読まれるのが大好き♪ とても知的な女性である。

今日 ○○さんのお部屋に伺った時の事・・・

【続きを読む】

22:07  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.06 (Wed)

孫の手

当ホームの入浴時間は決まっておらず
自由な時間に お一人づつ入って頂く事にしている。

浴室は 一般家庭のお風呂を 少し大きめにした程度で
お一人入るごとに、片っ端から掃除しまくり
もちろんお湯も入れ替える♪
(湯船で排泄したり為さるし、水虫感染予防の為でもある) 

○男さんは 視力が弱く、
遠くは少し見えるのだが 近くは余り見えていない。
幻視があり、殆ど現実の世界には居られない状態の方で
いつも何かをお話されながら 徘徊されている。

さて○男さんをお風呂に入れるのは至難の業!!

普通に「お風呂に入りましょうか?」
なんて言っても殆ど通じない。
通じたとしても「入らん!」 その一言で終わってしまう。

無理に手を引っ張った位なら、一気に爆発され
暴言暴力の嵐に見舞われる。
その力はもの凄いのだが、足元が見えない為フラフラして
暴れると超~危険!

この日は 何とか浴室まで誘導し脱衣して頂こうとするが・・・・・

【続きを読む】

09:52  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2006'09.02 (Sat)

一ヶ月

グループホームに勤めだして1ヶ月が過ぎました。

私が勤める会社には、
デイサービス、短期宿泊施設、グループホーム、有料老人ホーム等の介護施設が
数件づつあり、それぞれの施設によってサービスも、スタッフの対応も様々です。

勤務先のグループホームも、同じ施設内にあっても
ユニットによって 全く雰囲気が異なります。


通常グループホームは、認知症である入居者の方と一緒に
お食事を作ったり、お掃除したり、そういった普通の生活を送って貰う事で、
少しでも認知症の進行を食い止めたり遅くしたりする事を目的とし
入居者の方々に、ゆっくり、ゆったり暮らして頂く為の施設なのですが・・・
私の担当するユニットは結構重度の方々ばかりですので
そういった事は全くできず、見守り介護が中心と成ります。

寝たきりの方はおられませんし、
歩行器等を利用しながら御自分で歩ける方ばかりです。が、
例えば、お食事を食べる時でも どうすれば良いのか分からない。
お風呂に入っても、身体を洗ったりできないし、
下着や洋服など、「身に着ける物」 という認識はできても
さてそれを どうやって着るのかが分からない。
パンツをかぶってみたり、シャツに足を通したり為さる訳です。

もちろん さっきあった出来事も覚えておられないし
色々な幻視や幻触、幻聴等がありますので
突然怒ったり、殴りかかったり、喧嘩に成ったり、
ずっとずっと過去の時代に戻られたり為さるので
その方には今、何が見えていて 誰と会話されているのか?
哀しいかな私達には全く分からない訳です。

そんなユニットに勤務して1ヶ月
色々な意味で 毎日お勉強させて頂いております♪

入居者の方々から学んだ事や
スタッフの方々の良し悪し。女性特有のイザコザ等々
これからまた少しづつ お話したいと思います(*^^)v

明日は夜勤!
何事も無く 入居者さん達がゆっくり眠れる事を願いつつ・・・☆彡


23:30  |  GHでの出来事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。