FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2005'03.21 (Mon)

2005.03 Bali-16日目 貧しい村

ホテルのオーナIさんに連れられて
アグン山麓にある小さな村に行った。

最初に連れて行ってくれたお宅では
おばあさんが一人で生活をしているらしく
目の不自由なおばあさんは
オーナーがホテルから持って来たというベッドがあるだけの
たまねぎ小屋のような家に住んでいた

わくわくして同乗した私とP子だったが
ここで、もの凄くショックを受ける事となった・・・

台所といえるような物は無く
ここで薪を炊いて、天井に挟んだとうもろこしを燻製にして食べているそうだ・・・

21-4.jpg



アグン山麓には川が無いため乾期には砂漠化するらしく
大きな水溜めタンクには雨水が貯められていた。
「マサカこんな水は飲んだりしないのだろう・・」と思ったが
この村の人たちは これを沸騰させて飲料水にするらしい・・・
再びショック!!!!

オーナーはこの村に定期的に
水やお米、お菓子等を配給に行くらしい・・・
その為に道なき道を舗装して車で行けるようにも為さったとか・・。

その後、村長さんのお宅に訪問。
とても気さくな村長さんは 猿のように木登りをして
私達にフレッシュジュースをご馳走してくれた。



こちらがオーナーのIさん
21-5.jpg

こちらは少し前からホテルに住んでいるNさん。
5年前にバリに来てすっかり魅せられて
今は会社も息子さんに譲り、バリの住人に成ったそうな♪
8●歳と思えない程お元気で ハーレーを乗り回し
ダイビング三昧の日々を過ごしておられる・・・(*^_^*)

21.jpg

村長さんちのブタさんです
赤ちゃんブタが沢山いて 結構可愛かったけど
超~~~臭い(^^ゞ

21-7.jpg

村人のおばちゃん
ピーナッツを採って暮らしの足しにするのだそうです。

21-6.jpg


子供達にはお菓子を、大人にはお米を・・・
ホテルの車が来ると みんな何処からとも無くやって来て
にっこり笑ってくれる
多分学校にも行けない子供達も多いのではないだろうか・・!?

21-2.jpg

21-1.jpg





電気も水道も学校も情報も 何もないこの村の人たちは
私からすると 信じられない環境で生活しているわけだけど
その笑顔は とても澄んでいて もしかしたら不幸なのは私の方!?
と思ってしまった。

21-8.jpg

21-3.jpg ※動画





テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

23:25  |  海外  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://senang.blog52.fc2.com/tb.php/133-5617136c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |